• 公式Instagram
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

PRIMITIVE INC. 10th Anniversary × ageHa 14th Anniversary MASTERS AT WORK in JAPAN -It's Alright, I Feel It!-

ABOUT

MASTERS AT WORK。90年代のデビューから現在に至るまで、ダンスミュージックシーンに与えた影響は凄まじく、その存在は世界でも唯一無二。音楽の可能性を無限に拡げたLouie VegaとKenny Dopeによる史上最強のユニットである。

昨年10年の時を経て奇跡とも言える来日公演が実現。両雄がステージに並び立ち、横一列に置かれた7台のCDJと2台のミキサーで音を重ねていくごとに、凄まじい熱狂がダンスフロアに生みだされた。多くの人々の記憶に刻まれたそのパーティーは各メディアで絶賛され、某紙の読者投票では1年に12,000もある国内パーティーの中で1位を獲得するなど、名実ともに語り継がれる日となった…

その後、10年を待つことができない人たちによる再来日の期待を込めたリクエストに後押しされる形でプロジェクトが再開。世界的に見てもMAWでのパフォーマンスは年に数える程しかなく、調整と折衝を幾度も重ねることで、再びPRIMITIVE INC.とageHaのアニバーサリーのもとMASTERS AT WORK in JAPANが開催されることになった。

ageHaの昼間という特別な環境の中で屋内と屋外のエリアをつなぎ、VIPからキッズエリアまで併設する充実のホスピタリティーも具現化。受け継がれていくべきタイムレスな音楽を奏でるMASTERS AT WORKだからこそ実現できる、大人から子どもまで楽しめるダンスミュージックのフェスティバルとなるだろう。

文 : 大山陽一(PRIMITIVE INC.)

LINEUP

MASTERS AT WORK

MASTERS AT WORK (Louie Vega & Kenny Dope)

Louie VegaとKenny Dopeによる史上最高のユニットMASTERS AT WORK。あらゆる音楽スタイルを吸収してダンスミュージックの最先端を走り続けてきたDJ、そしてプロデューサーチームである。ラテンやアフリカン、ジャズやダンスクラシックを背景に持つLouie Vega、ヒップホップやレゲエなどストリートミュージックがアイデンティティーのKenny Dope。この両者の持ち味をハウスミュージックに、たっぷりと注入したサウンドこそがMASTERS AT WORK最大の魅力だろう。93年に1stアルバム『Masters At Work』を発表後、ヴォーカリストにLuther Vandrossを迎えた「Are you using me」、そして「Beautiful People」や「Love&Hapiness」などMAW初期の代表曲とも言える作品を立て続けにリリース。96年にはセルフレーベルMAW Recordsを設立。翌97年には彼らの多才ぶりを遺憾なく発揮した集大成とも言えるNuyorican Soul名義での『Nuyorican Soul』を発表。大御所Roy AyersやJocelyn Brownなど豪華なゲスト陣の参加も大きな話題を呼んだが、R&Bやソウルに、ラテンやジャズを大胆に吸収した豊潤なサウンドはダンスミュージックシーンに多大な影響を与え、名盤として愛されている。圧倒的な評価を得たMAWのもとにはリミックスの依頼が絶えまなく届き、Madonna、Michael Jackson、Janet Jackson、Jamiroquai、Bjork、Daft Punk、Misia、Tei Towaなどを含め、数え切れないほどの作品を手掛けている。02年にリリースされたMAW名義での2ndアルバム『Our Time Is Coming』は世界中で大ヒットを記録している。ソロ活動も精力的で、06年にはLouie Vegaが過去幾度となくノミネートされた第48回グラミーでベスト・リミキサー賞を受賞。トップ・オブ・トップへと登り詰める快挙を成し遂げた。Kenny Dopeは全編インストゥルメンタルのオリジナル・アルバムを発表。ストリートのカリスマとして君臨し続けている。2014年と2015年にはMAWとして2年連続でUKトップレーベルの人気コンピレーション『House Masters』を手掛け、計8枚のディスクにクリエイションを詰め込んだ。その内容は永久保存盤とも言える内容で、輝かしいNYハウスの調べを奏でている。90年代のデビューから今も天頂で光を放ち続けるMASTERS AT WORK。既に音楽界の至宝と言える存在だろう。

Lights by Ariel

Lights by Ariel

ダンスクラブの歴史をDJ以外の文脈で語る場合に外せないのが、楽曲の魅力を何倍にも引き出すライティング・オペレーターたちだ。時に主役であるDJがライティングに誘導されて選曲をするように、スタンスは裏方ながらも楽曲に対する深い知識と高いクリエイションが求められる。そのトップに君臨するのがライティング・マスターことAriel Figueraである。1988年にLarry Levanもプレイしたニューヨークの伝説のクラブTracksでキャリアをスタートさせ、その後、Junior VasquezのSound Factory、Frankie KnucklesやLouie VegaのSound Factory Bar、Danny TenagliaのVinylなど、輝かしいハウスの歴史に光をあててきた。1996年から続き、世界中で展開されているBody&SOUL でもArielの人間味溢れるライティングはパーティーを構成する重要な要素として欠かせないものになっている。現在はFrancois K.の「Deep Space」と、Danny Krivitの「718 Sessions」で彼のライティングを体感する事ができる。

MANHATTAN ISLAND

  • Dazzle Drums

    ダンス/ハウスクラシックスと最新の新譜を織り交ぜたプレイが特徴のNagiとKei Suganoによる男女2人組ユニット。2010年に自主レーベルGreen Parrot Recordingを始動させる。2014年、10周年の節目として『Rise From The Shadows』をリリース。2016年にはLouie VegaファミリーAnane Vegaが主宰する、Nulu Electronicからアルバム『Concrete Jungle』をリリースしたことで話題を呼んだ。

  • DJ NORI

    86年に渡米、LARRY LEVANと共にプレイした経験を持つ。映画『MAESTRO』では世界のダンスミュージック・シーンに最も影響を与えたパイオニアとして出演。2009年に自身の集大成ともいえる“DJ NORI 30TH ANNIVERSARY”を開催。前人未到の30時間ロングセットを達成した。DJとしてのキャリア35年以上となる今も、ロンドンやNYでの海外公演など精力的に活動を続け、音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知るスタイルは世界の至宝と呼ばれる所以となる。

  • KZA

    サンプリング/ヴァイナル文化への強い愛情を胸に、ダンスミュージックを独自のスタンスで追求し続けるForce of NatureのDJ/プロデューサー。2009年KZA名義初のアルバム『D.A.E.』をMule MusiqのサブレーベルEndless Flightからリリース。また2010年よりアナログのみのリエディット専門レーベルLET’S GET LOSTをスタート。その活動は実に幅広く、音楽シーンのみならずストリートカルチャーにおいても目の離せない存在である。

  • Mayurashka

    こよなくVINYLを愛しハウス、ディスコ、インディーロックを日々掘り続ける。James Murphy、Eric Duncan、JOAKIM、EYヨ(BOREDOMS)など国内外の多数のアーティストと共演、NTS RadioやBerlin Community Radioなど国外へのミックス提供やBoiler Room Tokyoにも出演。更にはJOHN LAWRENCE SULLIVANへの音源の提供やGosha RubchinskiyのパーティーでDJとして参加、ファッション雑誌PERKでの音楽連載執筆など多方面なシーンで活躍中である。

  • MURO

    日本が世界に誇る“King Of Diggin”ことMURO。「世界一のDigger」としてプロデュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。現在もあらゆるレーベルのオフィシャルミックスをリリース。国内外において絶大な支持を得ている。新規レーベルTOKYO RECORDSのプロデューサーにも名を連ね、カバーアルバム『和音』をリリースするなど、多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。

DOOR

5,800YEN

ADV

VIP

AVAILABLE SHOP

diskunion
渋谷クラブミュージックショップ / 新宿クラブミュージックショップ / 下北沢クラブミュージックショップ /
お茶の水駅前店 / 千葉店 / 立川店 / 横浜西口店 / 大阪店
HMV record shop
渋谷店 / 新宿店
JAZZY SPORT
五本木店 / 下北沢店
TECHNIQUE
  1. VIP Passでフロアを眺めるBLUE TERRACEへ御入場頂けます。
  2. DOOR VIPは当日会場のフロントにて購入頂けます。
  3. U-18 Ticket及びU-23 Ticketをご購入の方は写真付身分証(運転免許証/パスポート/住基ネットカード)または
    学生証の提示をお願い致します。
  4. 小学生以下の児童及び乳幼児は保護者同伴に限り入場無料となります。

TIMETABLE

TBA

KIDS PARK

“ソトであそぼう!”をコンセプトに都内で場作りをしているTokyo PicnicがageHaの屋外にひろがる芝生のエリアで、キッズパークとフードコートをコーディネートします。ワークショップで“新しい体験”をして、ナチュラルフードの美味しいゴハンで“ハッピー”に、日が暮れてからはキャンプファイアーにも火が灯ります。もちろんオムツ替えや授乳スペースも完備。家族全員で安心してパーティーを楽しんでください。

  • デニムでつくるヌイグルミ powerd by Lee

    Leeのジーンズ製造過程で出てくるデニムの切れ端や、残してしまった生地でカワイイ動物の小さなぬいぐるみを作るワークショップです。針と糸を使用せず、貼り合わせてもできるので小さなお子様でも参加できます。

  • 手作りかざぐるま powerd by 風と光と虹のパレード

    かざぐるまを手づくりするワークショップ。大人同伴であれば小さなお子さまでも参加いただけます。色を塗ったり、絵を書いたり、シールを貼ったり。デコレーションして自分だけのかざぐるまを作ったらレッツダンス!

  • フォトデコレーション powerd by チェキ

    チェキのブースでは新製品「instax SQUARE SQ10」を持ったスタッフがスタンバイ。無料で記念撮影を行います。撮影したチェキプリントはその場でプレゼント。フォトデコレーションコーナーもあるので、その場で自由にデコることもできます。カップルでも家族でも、是非お立ち寄りください。

  • 叩いて遊ぶDJ体験型ワークショップ powered by Pioneer DJ

    DJって難しい?そんな事はありません。触って遊ぶ、叩いて遊ぶ、音で遊ぶ。Pioneer DJの「Toraiz SP-16」PAD型のサンプラーを使ってDJを簡単に体験できる機会です。音楽を楽しむなら聴くだけじゃなく親子で実際に触れて楽しんでみてください。当日はPADパフォーマーのKo-neyが講師として登場します。

  • キッズバブルショー

    オリジナルの道具と独自に開発した割れにくい液体を使い、ふわふわ漂う巨大なシャボン玉、音に合わせた連発シャボン玉などでキッズパークを演出します。大人も子どもも遊べるように幾つかの道具も用意。今まで見たことがないようなシャボン玉が飛ばせるかも?

  • キャンプファイアー

    日が沈んでからはキャンプファイヤーにも火が灯ります。屋外で焚かれる炎を見るのがはじめてという子どももいるのでは?キャンプファイアーの周りで踊ったり、友人と語らったり、ゆっくりと過ごしたり… それぞれの時間を楽しんでください。

FOOD

  • キミドリ

    何回食べても飽きない、何回も食べてみたいと思ってもらえる料理を心がけて出店しています。食材も無添加のエサから育てている豚肉や、無農薬の野菜、こだわりのある蔵からの調味料など、美味しく安全で生産者の背景がわかるようなものを選び取り扱っています。

  • PRIMAL

    ナチュラル&クラフトをコンセプトにしたケータリングサービス。国内で開催される様々なフェスやイベントに出店しています。オーガニックをベースにハンバーグステーキやモチコチキンなどオリジナルなハワイ料理が楽しめます。

ACCESS

ageHa

東京都江東区新木場2-2-10
TEL. 03-5534-2525
JR京葉線・りんかい線 東京メトロ有楽町線
新木場駅から徒歩5分

2-2-10 SHINKIBA, Koto-ku, Tokyo, Japan
TEL. +81 3-5534-2525
5 minute walk from SHINKIBA station.
JR KEIYO Line, JR Rinkai Line,
Tokyo metro Yurakucho Line.

SUPPORTER